-おかめのような顔ではありません-
<< ごほうびはんこ | main | パテ >>
償い
 

そういえばこないだ読むって言って途中まで読んだ本


(題名すら忘れているという 確認する手間さえ省きたいという)


読んでません


なんかこういう(著者みたいな)言い回しする人が近くにいたら睨みたい感じなんだもん


めんどくせーと


てなわけで母の本棚からよっこいせと引っ張り出したこちらの本


まだ読み始めたばかりです


これまた おい と言いたくなる言い回しが随所にあるんだけどもね


立て続けに放り投げるのも嫌だから読み終えてみる


こんな風に「めんどくせー」な作品を見ると


自分が好んで読む著者の感覚って やっぱ天才なんだなと気づく


ポイントはこざっぱりしていること


どんなにドロドロな内容だろうとね


「やりーこの言い回し思いついちゃった」的なものを決して出さない


出してても直球の捉え方じゃなくてユーモア交じりに受け取れる


本も出会い 相性なんですね 



- okame -

| 小説 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDER
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRYS
CATEGORIES
ARCHIVES
BOOKMARKS
PROFILE
OTHERS
↑TOP